アンテナ工事の前に一般的なアンテナの種類と便利なアイテムを知る

アンテナの種類と性能

アンテナ工事を行なう前に、アンテナの種類と性能を把握しておくことが大事です。アンテナ選びの判断基準になるので、一般的に使用されているアンテナを紹介します。

八木アンテナ
八木アンテナは、八木秀次が発明したアンテナで、国内で最も普及しています。魚の骨のような形状をしていて、大小様々な種類が存在しています。住宅の屋根や屋上に設置することができます。とても万能なタイプで、性能が良いために、電波の悪いエリアでも使用することができますが、住宅の外観にマッチしないこともあります。
室内用アンテナ
最近は室内に設置できるアンテナもあります。強風や雪の影響がないタイプですが、テレビ塔からの電波が強くないと視聴は難しいかもしれません。また、本体価格がとても安いことが魅力になっていますが、住宅の環境によってはアンテナ工事費用が高額になることもあります。そのため、室内アンテナを設置する場合は、電波状況を計測して、アンテナ工事費用も確認しておきましょう。
平面アンテナ
最近多くなっているのが、平面アンテナです。デザイン性を重視したアンテナなので、屋外に設置しても、住宅の景観を損ねることがないタイプのアンテナです。長方形型や六角形型などがあり、平面なので外壁にも設置することができます。しかし、今はまだ八木アンテナの方が高性能のようです。

その他に必要となるアイテム

ブースター
テレビ塔から遠く、電波が弱い地域でもブースターを使用することで、電波を増幅させることができます。地デジ対応しているエリアならば、通常はブースターを使用しなくても問題なく視聴できます。しかし、自宅の周辺環境やアンテナの種類・性能によっては正しく受信できないこともあります。そのような場合でも、電波を増幅して受信できるので、電波が弱くて、テレビの映りが悪いときは使用してみましょう。
分配器
テレビが何台もある家庭も増えています。リビングだけでなく、各居室にもテレビを設置していると、いつでもテレビを視聴できます。しかし、通常テレビ1台にアンテナは1つです。そのため、複数のアンテナを設置しなくてはいけません。そんな時に便利なのが分配盤です。アンテナケーブルを複数に分けることができるアイテムですので、自宅にある複数のテレビで同時に視聴できます。
TOPボタン