映りが悪い場合はアンテナ工事業者に電波状況を確認してもらう

電波の状態をアンテナ工事業者に見てもらおう

調査員

住んでいる地域によって、電波の強さは異なります。例えば、テレビ塔が遠いエリアでは必然的に電波が弱くなるでしょう。自宅の電波を計測してもらうために、アンテナ工事業者の無料電波調査を利用してみてはいかがでしょうか。

無料調査の流れ

プロのスタッフが訪問

電波の計測には専門的な知識と設備が必要になります。そのため、アンテナ工事業者では、無料電波調査でも経験豊富なプロのスタッフがご自宅に訪問します。まず、アンテナ本体や周辺機器をチェックして、周辺環境の診断を行ないます。そのため、現在の受信可能な電波や、最適なアンテナの種類などを把握することができるでしょう。

細部に渡る調査

現在は家庭によって、テレビ視聴の仕方が異なっています。地デジのみを視聴している方もいますし、ケーブルテレビに加入して沢山の番組を楽しんでいる方もします。そのため、調査内容や受信する電波が異なってきます。しっかりとヒアリングをした後に、各家庭に最適な調査と適切なアドバイスを行ないます。

なぜテレビの映りは悪くなる?~よく見られる原因~

テレビは娯楽のためのアイテムですし、最新のニュースを視聴できる情報源としても活躍します。ですが、引っ越しすると、新居はテレビの映りが悪くなってしまうこともあります。正確に聞き取れないので、大事な災害情報を聞き逃す可能性もあります。ここではテレビの映りが悪くなる原因を紹介します。

アンテナの設置位置が悪い
アンテナはただ設置するだけでは、電波を受信できないこともあります。強風やカラスが原因で、アンテナの角度や向きが変わってしまうこともあるので、正確な角度と向きに調整し直す必要があります。また、室内に設置している場合は、電波を受信しにくい環境になりますので、テレビの映りが悪いときは屋外にアンテナ工事を施してみましょう。
アンテナの長さが適切ではない
アンテナケーブルの太さと長さも、テレビの映りが悪くなる原因の1つです。まず、アンテナケーブルが細過ぎる場合、電気の通りが悪く、テレビに電波を送りづらい状態です。次に、アンテナケーブルが長過ぎる場合は、テレビ電波が劣化してしまうリスクが高くなります。そのため、映りが悪くなると考えられます。
周辺機器の劣化
周辺機器が劣化してしまうと、性能の低下が予想されます。特に、アンテナケーブルが露出しているために、亀裂が生じてしまうこともあるでしょう。周辺機器の劣化を確認したら、新品と交換するようにしましょう。また、周辺機器が劣化しないように保護することも大事です。

アンテナ工事業者を選ぶ際のポイント

アンテナ工事をする際に重要なのが業者選びですが、電気通信工事業の許可書を持っているか確認してください。また、電気工事業と電気通信工事業は、全く違うということを覚えておきましょう。アンテナ工事や配線工事ができるのは、電気通信工事業の許可証を持っている業者だけです。

TOPボタン